山口ドーム・ハウス

2012年4月16日

はい、どっと・もーにんぐ(=^o^=)やまねこ山でおます。
やまねこはふたたびうみねこ になり、海を渡って山口県に行ってきました。設計士コッシーさんと光市方面でドーム ハウスのプレゼンテーションをするためです。 お客様と待ち合わせプレゼンしていました。
共同作業所ドームハウスが完成したばかりですが、このところドーム・ハウスの反応が 少しずつ具体的な形をとりつつあります。これも地震やセーフティ・ハウスへの関心の 浸透かもしれません。
ドーム・ハウスは、二種類の三角フレームで構成される最強の構造物ですから、耐震性能 に優れ荷重、積雪、強風に強いシェルター・ハウスの側面を持っています。
フラー・ドーム・ハウスは同時に間伐材を活用したり、杉材を多用したエコ・ハウスでも あります。 今回のお客様は「球体の家」というコンセプトにこだわり、空間の広がりへの関心から フラー・ドーム・ハウスを知られた様子。 様々な側面からドーム・ハウスの構造と魅力について案内しました。
そして、そのあと完成に向け建築中の岩国ドーム・ハウスを訪問。 工事の進行を棟梁さんと施主さんに見せていただき、美しい仕上がりの天球の幾何学模様 に見とれていました。ドーム・ハウスはやはりデザイン・サイエンスの産物かな、 とあらためて思いました。山口県ドーム・ハウス第一号の完成が楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA