神の森 森の主を訪れる

松山市日浦町 新宮神社
松山市日浦町 新宮神社とご神体
松山市日浦町 新宮神社

2009年6月15日

はい、どっと・もーにんぐ(=^o^=)やまねこどす。
やまねこはいつものように山へ水を汲みに行きました。高縄山系の岩清水です。
途中、以前噂に聞いていた「天然記念物 三本杉」を探してみました。
小高い丘を登ってゆくと村のおばあちゃんが通りかかったので聞いてみると親切に教えてくれました。
草深い石段を登ってゆくと「新宮神社」という小さなお社があります。訪れる人も少ない様子ですが、地面が苔に覆われ、なんとも優しい緑のじゅうたんのような境内です。そして、それはそれは大きな杉の木が三本ありました。
おそらくご神木なのでしょう。巨大な木の根にも苔がむしています。
日本人は、古来「ひもろぎ・いわさか」を神々が宿るご神体として崇拝してきました。
巨木や巨石が森の主として生命を育み、実りをもたらしてくれると信じられてきたのです。
そして、やがてご神体を拝むため鳥居やお社ができ、今日の神社になったのでしょう。
森の主のパワー・スポットでしばし休憩して、ご神木に祝詞をあげました。

これも自然の中での「森の瞑想」かな。
「となりのトトロ」はきっとこういうところに住まうのだろうと思うやまねこ(=^o^=)でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA