ダライ・ラマ14世四国へ 萩生寺の法要に参加!!

2009年11月2日

萩生寺  ダライ・ラマ14世さん・松長有慶高野山管長さん・ご僧侶・斉藤住職 法要風景
新居浜市萩生寺 チベット式ゴンパの 本堂
新居浜市萩生寺 チベット式ゴンパの 本堂

はい、どっと・こむばんは(=^o^=)やまねこです。
やまねこは、朝から二十世紀少年団の一行と共に新居浜市萩生寺さんに行ってまいりました。
ダライ・ラマ14世さんが四国入りして、今回の講演会の主催の中心となった萩生寺さんで ストゥーパの開眼法要をされると斉藤住職さんから聞き仲間と連れ立って出かけたのでした。
愛媛で唯一の目玉寺 萩生寺は、真言宗高野山派のお寺ですが、巨大なチベット式ゴンパの 本堂が石鎚の麓で威容を見せていました。
みんなで、本堂前に着いたときは百人あまりの参列者の方々が集まっていました。
待つこと一時間あまり、ダライ・ラマさんご一行が山門から入って来られました。 斉藤住職、高野山の松長管長さんはじめご僧侶のお迎えで境内に入られたダライ・ラマさんは 参道の人たちと握手をかわし、すぐにストゥーパの前で法要を始められました。 そして、みんなで般若心経とご真言をあげさせていただきました。
そのあとダライ・ラマ14世によるチベットのお経をあげられました。 なんとも自然体で、ハート・ウォームな笑顔で参列者を祝福していただきました。 同行した流水先生も『ええ人やなあ。ほんものの仏教者やなあ。』と感嘆のため息をついて おられました。
1959年以来50年間に及ぶチベット民族の苦難の道を国民ととともに歩ま れた人だけが見せることができる真の平和な笑顔なのでしょうか。なんともいえない暖かく平安 なエネルギーをいただいて帰路に着きました。
途中、西条では神秘学仲間のYさん宅により珈琲の お接待と有機野菜やハーブや魚を山ほどいただいて、神秘学問答を楽しみ帰って参りました。
祝福された場に招いていただいた萩生寺さんのご尽力に感謝。 そして、肌寒さの中でもハート・ウォームで実り豊かな一日に感謝でありました。
明日は、松山市武道館で講演会です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA