藍の生葉染 (麻布使用)

2021年6月24日

あっという間に6月末になっていました。
最近、時間の流れが異様に早く感じます。
ここは、ゆったり、まったりのアジアンな時間と思っていたのですが、何かが変わってきているのかもしれません。
今年は梅雨入りが早かったため、植物の生育も良く、藍が順調に育っています。

藍と菊芋

1番葉で麻布を染めてみました。麻布は165g、藍の生葉は350g(布の約2倍)です。

ミキサーで葉を粉砕し、布でろ過します。水は約4L使用。(目安は布の20倍)

藍の生葉染液

助剤のソーダ灰約50g、ハイドロコンク約50gを順番に少しづつ加え、静かにかき混ぜて30分おきます。

染液で染める

染液に入れて静かに動かします。
今回は、絞っては空気にさらし、また染液につけるという動作を3回繰り返しました。

水で洗う前は少し緑かかった鮮やかな青(花浅葱)
水で洗うと、

天色(あまいろ)になりました。色も素材も涼しそうです。
さあ、何に仕立てるかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


にほんブログ村


“藍の生葉染 (麻布使用)” への2件の返信

  1. 水によっても染色が変わります。色が特定できないのも草木染の面白さですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA