心身の調律

2021年7月8日

右足首腓骨骨折から7か月が経過、順調に骨は再生していますが、坐骨神経痛が出現しました。左臀部のえくぼから太ももにかけて電気が走る。
右足をかばっていた左側に負担がかかたのでしょう。只今、整骨院の電気治療とストレッチで体の調律中です。
雨と坐骨神経痛で今日は家の中でゆるゆると過ごしています。
過去記事をUPしながら在りし日を想い出しています。
パートナーのやまねこが重度の心臓病を患い、ウルトラ貧乏だった頃、
何故にあんなに笑っていられたのか?
やまねこ:「わいはやってるで~!」
私:「どうなるん?」
これがお互いの口癖でしたが、金はないが、夢と希望は持っていました。
だからこそ、今ここでロハスライフを送れているわけです。
私は現代人の持っている不安神経症とやらを持っていた人ですが、やまねこは原人のような人なので能天気酵母をふくらませることができました。
思い煩ってもしょうがない。明るく、朗らかに生きていくってことです。
やまねこの方が私より数段エネルギーが強かったので、私がやまねこのエネルギーフィールドにすっぽり入っていました。
今もその状態は続き、不安神経症とは縁がなくなりました。
やまねこと2人3脚で生活していた頃は、未来に向かって前へ前へ進んでいっていました。あの頃は若かったと言えるでしょう。
50代半ばになった今は、エンドからすなわち死から逆算して今の自分を考えるようになりました。
介護施設に勤務していることも影響していると思います。
「老い」という現実に日々向かい合うからです。「老い」の怖さは、肉体が衰えるということだけではありません。己(自我という表現が良いでしょうか)を変えることが困難であるということです。自我が固まってしまっているといった方がよいでしょうか。外からは何も受け入れることはできません。今まで生きて作り上げてきた自分の内面の本質は変わらないどころか、理性によって抑えて隠していたものが認知症によって理性のたがが外れ、現れ出てきます。認知症になっても明るく朗らか、素直で真っすぐな心根を持っていれば誰からも大事にされますが、残念ながらそういう方にはなかなかお目にかかれません。
今ならまだまだ、自分の本質を変えることができます。
日頃から、心のクリーンUPを心がけ、自分を俯瞰的にみることが大事です。
意外と自分のことは棚に上げてるな・・・と自分で気づくこともあります。
人生を逆算して考え始めると、自分を調律することに意識が向いてきました。
そういうお年頃かもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA