お盆ですね。

2012年8月11日

はい、どっと・こむばんは(=^o^=)やまねこでおます。お盆ですね。
やまねこは、今年親族に新仏さんがあり初盆の法要などで多忙です。
かつてこの世にあった身近な人たちとともに過ごすお盆は、お墓参りと共に 日本人の良き慣習です。
死者と共に木陰で安らかに過ごす・・・そんなお盆の行事は、精霊棚を祀り、 迎え火を焚き、盆踊りや施餓鬼会で供養やお墓参りを済ませ、家族のだんらんを 楽しみます。
ただ、死者を弔うだけでなく、死後の平安と成仏のための回向や追善に 勤しむという趣旨によります。
命あることのしあわせ、そして彼岸に赴いたご先祖様や新仏に感謝する良き機会としての お盆は、盂蘭盆会とも言われます。
ウランバナーとは、逆さづりという意味で、死後の餓鬼の苦しみを表します。 欲望を満たそうとしても満たされない苦しみを仏教では餓鬼と言います。 それは、浮かばれない先祖を癒す・・・回向・追善と言われていますが、餓鬼の心を持つのは 実は私たち自身の心のあり方なのです。
愛されたいのに愛されない苦しみ、幸せになりたいのに不幸を感じるわたしたちこそ餓鬼の心に 苦しむ人間のありのままの姿を表現しているのです。
ゆえにこの世を旅立った方々にこの世の餓鬼の苦しみをささげて、私たち自身が飢えた心を 感謝に変化させる良き機会を盂蘭盆会と呼びならわしているということなのでしょう。
家族のしあわせのために生きてそしてこの世を去った方々、そして血族を通じて命を支えて くれるご先祖に感謝して、再び賑やかな日々の仕事に戻るべく涼しき木陰に安らぎましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA