2008年 心の軌跡

ブッダガヤ 平和セレモニー 
ガンダーラ仏

2008年12月26日

はい、どっと・こむ・ばんは(=^o^=)yamanekoです。
今日は英語ですよ~。年末も押し詰まってくると、さすがにやまねこも反省の時間です。そもそも人間が出来ていないわたしは「反省」というサルでも出来ることが不得意なのであります。
さてさて、今年は年頭に『ザ・シークレット』を読んで、人生の『チェンジ』をめざすことから始まりました。
”Yes,I can!!”の掛け声で始まったわけです。(^o^)v

それから、一年・・・・どうなったでしょうか?
スーパー・ウルトラ・超貧乏太郎からの出発でありました。
身体も虚血性心臓疾患で、かなりのダメージにあえいでいましたが、今は普通に生活できるくらいの健康を回復しました。
ネットの仕事も、なんとか新たなスタートを切れそうな状態です。来月年明けは、インドに買い付け旅行というところまでなんとかこぎつけました。
旅行もできる健康状態、海外買い付けができる状態と言うのは、普通の人にとっては大したことではないかもしれませんが、わたしにとっては大躍進です。これをどのように評価するかは、もっぱら私のテーマですが、「希望と意志のあるところには確信が生まれる」が信条のわたしにとっては、最初の礎かな、と思っています。

いよいよ、念願のインドに旅立てます。信仰上もアート上もインド的なものに憧れてきた者にとっては楽しき旅になりそうです。
五千年の文化、広大な亜大陸、ゼロを生んだ国、民族と精神文化の坩堝、そしてお釈迦様を生んだインドは、わたしに何をもたらしてくれるか楽しみにしています。ブッダガヤ、ベナレス、サルナート、ラジキールなどお釈迦様が歩いた道を辿り、チベット密教の聖地カトマンズも行きます。今回の仕入れは、主にインド・アートを中心に考えています。
混沌として、先が見えない時代だからこそ、インドのように古代と現代が交錯する世界に行って見たいと思うのかもしれません。また、ハイテクとコンピュータで激変しつつあるインド経済や先ごろのテロなどで治安状況の変化も見て来ようと思っています。バンコクでも半日過ごしますから、タイの様子も見られます。アジアは、現在激変の真っ只中なのでしょう。

一年前の自分を振り返り、そして現在を見つめなおすとそれは、状況の変化に先立った「心の軌跡」があったように思います。
このブログを書き始めた頃に何気なく思っていたことなのですが、それはとてもシンプルな考え方なのです。それは、「ゆったり、まるく、暮らしたい」ということでした。
ただ、ゆるやかな心のあり方を大切にしたいと思ったのです。
一年を経て、今も変わらず心がけています。どんなに多忙な時にも、ゆったりまるく、ゆるやかな気分で過ごせたらそれが一番かもしれません。勿論、そのためには多忙さを超える心の広さと弾力性が必要なのでしょう。マハトマ・ガンディーはそんなのびやかなネコのような柔軟性と俊敏さを兼ね備えていたと言います。彼もまたインド的な叡智を体験していたのかもしれませんね。
やまねこ(=^o^=)でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA