夏に咲く青い花の秘密~『心よ原始にもどれ』

2009年9月13日

1614年、ドイツのカッセルで「称賛すべき薔薇十字団の名声」が出版されます。続いて、 「友愛団の告白」「クリスティアン・ローゼンクロイツの化学の結婚」が出版され、多くの人々が 運動を誉め称える本を書いたり、また、認められて加入できることを期待したり、あるいは異端で あるとして攻撃するなど、これらはドイツで大きな反響を巻き起こします。しかし、その実体が 明かされることはありませんでした。
薔薇十字団とは何なのか?出版された文書によると、クリスティアン・ローゼンクロイツという 人物が中東を旅行して神秘学の知識に通じ、ドイツに帰り秘密の友愛団を結成した後、百六歳 まで生き、埋葬され百二十年後に彼の納骨堂が薔薇十字団員によって発見され、それが合図となって 友愛団は自らの存在を公表し、ヨーロッパの智者たちに参加を呼びかけました。
薔薇十字団員は、 社会を奇跡的に変革して新時代を到来させる秘密の知恵の鍵を所有しているとされています。 多くの人が入団の意思を示したが、どうやら薔薇十字友愛団から返答を得た者はいない。 返答する意思が無いのに、なぜ彼らは参加を呼びかけたのか。 出版された文書の著者は何者なのか。
ヨーハン・ヴァレンティン・アンドレーエ(1586-1654)が 薔薇十字伝説の創始者かどうかはわからないが深く関わっていた。しかし、アンドレーエが果たした 役割に関してはわかっていない・・・。(薔薇十字団について)
様々な寓話と象徴とと混沌に満ちている薔薇十字団の伝説と「噂」は、ひとつのトレンドを醸し出し やがて、近代の誕生となります。デカルト、ライプニッツ、ニュートン、ロバート・フラッドなど など薔薇十字団に関わったとされる数学者・科学者・哲学者は数多く、この秘密結社がヨーロッパの 深層の歴史と関わっていたことは、疑い得ないにしてもその実態はやはり、謎として残されたまま です。
いわば世俗化・地上化していったフリー・メーソンと異なり、薔薇十字は、出自がはっきりしない 歴史の暗渠ともいえるかもしれません。 それだけに多くの人の魂をとらえる魅力はつきないものなのでしょう。
ところで、シュタイナーは若き日にフェリックスという薬草売りの老人に師事して、神秘学の指導を 受けます。そして、フェリックスが単なる薬売りではなくヨーロッパの神秘学全般に通暁している だけでなく、自然界の秘密を深く知る賢者であることがシュタイナーに明かされます。 そして彼はシュタイナーを自らのマイスターに引き合わせたといわれています。シュタイナーは、 その後マイスターについては、硬く口を閉ざしただ「師匠」としか語りませんでした。
ヨーロッパの歴史の内奥に潜む薔薇十字団。19世紀は芸術の分野で再び、薔薇十字会は復活します。 様々なアーティストが一同に会して、薔薇十字展なども催され、サティやワグナーやドビュッシー などの音楽家も薔薇十字を標榜します。そんな時代の中にいたルドルフ・シュタイナーはいまだに 歴史的にも思想史的にも位置づけられていません。
神秘学者とは、常にそういうものかもしれ ませんが、歴史の先端に立つ前衛であることは確かなようです。 シュタイナー学校(正式には自由ヴァルドルフ学校)とされる学校は全世界に800校に及びます。 不思議な現象ですが、これもまた薔薇十字の伝説につながる謎なのかもしれませんね。
やまねこ(=^o^=)でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

“夏に咲く青い花の秘密~『心よ原始にもどれ』” への2件の返信

  1. ご紹介ありがとうございます😊
    難解な書物のようですね。
    錬金術は、非常に興味深いテーマですが、今読んでも私には分からないでしょう。😩
    日常に埋没しすぎて、霊的空間が狭くなってる自分を感じます。

ミトラ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA