捻挫骨折闘病日記 2

病室から見た風景

2020年11月27日

病室から、イオンがすぐに見えますが、ジングルベル🔔は、何処へやらという感じで静かです。松山市もコロナウィルス感染拡大で、街全体が止まってしまったのでしょうか?

昨日は、手術後初のシャワー浴でした。只、気持ちが良いというだけでなく、血液循環が良くなります。手術した足を下げると、血液が一気に下がり、足が痛みますが、入浴後は、あまり痛みがありません。当たり前のことですが、健康体では、普段、意識していませんね。

私の入院している病院の整形外科では、若い方は、3、4割というところでしょうか。ちなみに、50代の私は、若い人チームに入るようです。 

リハビリルームでバーを持って歩く練習をしていたおばあちゃん、「凄いですね。」と話しかけると、「百姓じゃけん、丈夫なんよ。98歳よ」すかさず、担当のPTさんが、「90歳やろ。大腿骨の大軽子部骨折です。」とこんな感じ。私は、術後3日目より、松葉杖の練習を始め3日経過しましたが、1人で使う許可は、まだ出ません。😖エレベーターで一緒になった若い方に話しを聞くと、手術の翌日に、松葉杖の練習して、すぐに松葉杖を使えているそうです。

年寄りは根性で、若者は身体能力の高さでリハビリに励んでいるようです。🤫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA