石手寺3.11 震災一年の祈り

『ターラ菩薩のマントラ』

2012年3月12日

はい、どっと・こむにちは(=^o^=)やまねこでおます。
昨日は、3.11東日本大震災からちょうど一年でした。福島をはじめ全国で震災の犠牲 となった方々の追悼と復興の祈りの催しが各地でありました。 やまねこが若き日々を過ごしたお寺、石手寺さんで法要があるということで3.11の 祈りの法要に家内と参加してきました。
石手寺にお参りすると若いポランティア・スタッフさんから福島からの メッセージといよかんを手渡され、マジックでいよかんにメッセージをと案内されました。 やまねこは、「元気の素、いよかん!」と書きました。 ご僧侶十数名による法要の前に加藤住職から、追悼と復興の祈りの案内があり、みんなで 震災の2:46に黙とうしました。 法要の間、様々な思いが去来しました。本堂では、震災にあわれ福島から愛媛に避難されて いる被災者とそのご家族も祈りの場に参加されました。
やまねこは、石手寺で修行をしていた若いころを思い出していました。 境内には「修行」と「みんな一緒」と書かれていて復興のともしびが夕刻から灯されるようです。
このひと月ドーム・ハウスで般若心経を毎朝、勤行してきましたので、石手寺お茶堂の弘法大師 さんにも勤行しました。
ふと、阪神大震災の折にも石手寺で法要を営んだ頃のことを思い出しました。 やまねこは、ボランティアで震災直後の2.3に神戸に行きました。 震災のすさまじさは、現地を目の当たりにしてはじめて実感するものとその時思いました。 震災復興の祈りが愛媛の地からも被災地に届きますように、と祈り帰途に着きました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA