アトリエmindハープ始動

草木染工房

2019.9.16

義姉が毎年出展している広島の「手作りフェア」10/18.19で販売します。
ウール・カシミア・モヘアの糸で桜・よもぎ・野いばらで染めました。
我が家の周りにある草木で染めましたが、都会ではなかなか手に入らないとか・・・
志村ふくみさんは糸に色を移すために植物を殺すというようなことをおっしゃていましたが、
色は草木の命が再生されたものということなのでしょう。
色というものは感知されるものなので、人によって微妙に違うものだと思います。
特に繊細で枯れた感じの草木染は光の当たり具合や見る人の感覚によって色調が違う
ゆらぎのある色かなと思います。じみで目立たぬ色ですが味わい深くやさしい色です。
お目に留まって頂ければ幸いです。

そして、アトリエの名前は「mindハープ」となりました。初代やまねこが若い頃から使っていた屋号です。意味は「いつも心に竪琴を・・・」です。
福の神である大黒さんが肩にしょっている袋の中身は何かご存知ですか?
どんなお宝かと思いきやなんと「竪琴」が入っているんですよ。
竪琴の音色は人を癒し、やさしい気持ちにさせますね。
そんな色を出していきたいです。
この地に来て10年目、「ライフ・デザイン研究所」は草木染アトリエ「mindハープ」の工房として始動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA